【5/14】決算材料が中心も、大型系指数は上昇傾向か。

【5/14】決算材料が中心も、大型系指数は上昇傾向か。

スポンサーリンク



マーケット

 

日経平均株価 22865.86 前日比+107.38(+0.47%)

TOPIX 1805.92 前日比+10.96(+0.61%)

東証マザーズ指数 1146.23 前日比+1.67(+0.15%)

日経JQ 3983.82 前日比+4.72(+0.12%)

 

今日のマーケットは全体的にプラス。

やはり、指数的には大型がやや強いかなという感じですね。

11日引け後の発表された主要銘柄の決算が、マーケットを引っ張る展開。

新興市場に先んじて、早くも大型系は上昇トレンドに転じてきそうです。

今のところ地合いの影響は限定的ですが、ここ2,3日強ければ、夏までは上かなと。

 

個別銘柄振り返り

 

放電精密(6469)

 

寄りつきがGUだったので、いったんは売られる展開。

しかし、序盤の売りをこなした後は引けまで強く、結果的に+3%。

25日移動平均線ベースで下値を切り上げる、理想的な形になりました。

 

ソウルドアウト(6553)

 

こちらは朝イチ強かったものの、新高値から売り崩され上ひげ陰線をつける形に。

出来高が減少している点で、調整とも言えますが、ローソク足的にはイマイチな感じですね。

こうなってくると、個人的には25日移動平均線までの押し目を待ちたい銘柄。(そう言ってて、金曜日買えませんでしたが汗)

 

日置電機(6866)

 

一気に高値トライかと思いきや、今日は調整する形に。

25日移動平均線乖離率は今日引け時点で6%。

前日の記事では新規買いは微妙でしたが、この水準ならば新規エントリーも良いでしょう。

依然として、25日移動平均線を待つ形で日柄調整的な動きをしているので、明確に割り込むまでは作戦は変えず。

上下どちらかの動きが確認されたら、また取り上げたいと思います。

スポンサーリンク




 

5/15に向けての展望

 

基本的には決算シーズンという見方は崩さずにいきますが、大型系指数が新興に先がけて上向いてきたのはいい傾向かなという感じ。

引き続き発表される決算内容を精査しつつ、取り組んでいきたいところです。

自分のスクリーニング条件の中には、14日・15日発表のものが多いので、今週から来週頭にかけてが勝負!

 

放電精密(6469)

 

この銘柄が第1本線になります。

移動平均線・下値切り上げ・価格帯別出来高と推せる材料は完璧。

通期予想の水準からいっても、直近高値は抜けてきても良いはず。

ボラティリティはそれほどでもないですが、焦らずに利を伸ばしていきたい銘柄。

損切りを考えるなら終値ベースで1780円割れか。

 

ソウルドアウト(6553)

 

今日のローソク足はイマイチですが、日足ベースでの上昇トレンドは崩れていないと見ます。

個人的には4800円くらいで買えるのが理想ですが、出来高増加で新高値を取ってくるようなら、そのままついて行くのも手でしょう。

25日移動平均線割れを損切り基準に、数日スパンでは上昇を予想。

 

ケイアイスター不動産(3465)

 

5/10に通期決算を発表した不動産銘柄。

週足・月足の上昇トレンドも良い形で、決算翌日に大陽線をつけて各移動平均線をクリアしてきました。

上場後三年・過去最高益に加え、不動産IoT関連のプレスリリースも見られることから、不動産銘柄とはいえ評価されてよさそう。

今日は出来高減少の十字陰線、個人的には直近のエリアリンクと同じイメージで。

 

まとめ

 

今日の分析は以上になります。

それでは、明日も相場頑張っていきましょう!

では、また。

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。