株やFXで勝てない人が絶対読むべき教科書!「高勝率トレード学のススメ」

株やFXで勝てない人が絶対読むべき教科書!「高勝率トレード学のススメ」

スポンサーリンク



トレードの世界で勝ち続けている人の話を聞くと、みんな「自分なりの勝ちパターンを見つけることが大事!」というふうに言っていますよね。

しかし、うまく勝てていない人にとっては「勝ちパターン」などと言われてもピンとこないことが多く、結局どの手法も中途半端に試して損失に終わってしまうことが多いと思います。

特に最近はTwitterの株アカウントが盛んで数々の手法が出回っているため、うまくいきそうなものを見極めるだけでも一苦労といったところでしょう笑

「何回か勝つことがあっても、トータルでは負けになってしまう」

「勝ちのパターンやトレードのルールを明確に持つことができていない」

そんなトレーダーの方のために、今回の記事ではパンローリング社の「高勝率トレード学のススメ」という本を紹介したいと思います。

長期的にトレードの世界で成功している人たちは、どのような部分が負け続けている個人投資家と違うのか。

トレードを始めて伸び悩んでいる中・上級者からトレードを始めたばかりの初心者まで、勝つための基礎を学ぶことができる優れた専門書になっています。


高勝率トレード学のススメ

高勝率トレード学のススメ

自分のルールを持っているかどうか

「トレードで勝つ」と言っても勝ち方は人それぞれであり、唯一の正解があるものではありません。

魔術師と呼ばれるトレーダーの中には、上昇トレンドでも空売りにこだわるトレーダーや、ド高値のブレイクアウトを追っかけるだけの人も存在します。

無数にあるトレード手法の中から、何を基準にどういったルールで売買ポイントを探すのか。

「自分はこれでいく!」と決めたなら、一定期間はそれを変えずに使い続けてみることが、勝ちパターン発掘への第一歩になると思います。

いつでも損切りできるかどうか

未来を予測することは誰にもできません!

そのため、どんなに完璧と思える銘柄・タイミングであっても、負けトレードになる可能性は必ず存在します。

問題はその負けトレードを「必要経費」にするのか「致命傷」にするのかどうかなのです。

退場を避けて相場で戦い続けるためには、自分の間違いを正してくれる的確な損切り設定が絶対に必要になります。

怖くなって早く損切りしすぎてしまうことや、負けトレードをズルズルと長引かせてしまうことを避けるためにも、テクニカル分析を使用した正しい損切りの仕方をマスターしておくことが重要になります。

勝つために必要なのは相場で戦い続けること。

自分なりのルールを設定し、正しく自己否定(損切り)する。

これをブレずに繰り返していくことがトレードで勝つための王道になるのですが、ここで初心者が見落としてしまう第3の要素が存在します。

それが「資金管理」です。

確率論をベースに戦っていくトレード世界では、勝つことよりも大敗せずに相場にで戦い続けることの方が数倍重要になります!

この書籍の優れている点はテクニカルな手法のみではなく、資金管理を技術の一環として認識し、具体的な方法の解説までしっかりと行っている所でしょう。

自分の思い通りトレードが出てきているのに、月間成績が安定しないという方は、資金管理の部分に改善の余地がある場合が非常に多いです。

損切りに加え、口座残高ベースの防御策を取り入れることによって、皆さんのトレード成績は飛躍的に良くなることでしょう。

まとめ

ルールの設定、規律のある損切り、資金管理などトレードで勝ち続けるためには、経済分析や会社選びよりも重要なことがたくさんあります。

たとえ、どんなに財務状況が良く、各指標が割安と言える水準を示している銘柄でも「高勝率トレーディング」が身についていないと、たちまち自分の資金を失うことになってしまいます。

しかし「高勝率トレーディング」を身につけてしまえば、選んだ商品の善し悪しに関わらず、皆さんの資金は右肩上がりに増えていくでしょう。

トレードは努力次第で誰でも勝てるようになり、経済的に豊かになることができます。

今回の記事を読んで、自分のトレードスタイルが確立できていないと思う方は、ぜひ1度読んで見ることをオススメします!

では、また。


高勝率トレード学のススメ

高勝率トレード学のススメ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。