株式投資において重要なファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の特徴

株式投資において重要なファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の特徴

スポンサーリンク



自分なりの手法を見つけるために

以前投稿した「投資家に必要な3つのM」の記事でもお話した通り、個人投資家として成功するためには、自分にあった手法を確立することが必要不可欠となります。

そのため、今回の記事では株式投資における分析手法として広く知られている「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の特徴についてお話していきたいと思います。

ファンダメンタルズ分析の特徴

ファンダメンタルズ分析とは、主に対象企業の業績や全体経済の分析を通じて投資の意思決定を行う分析手法のことを指します。具体的には企業の決算短信や新聞などの経済指標から、独自の見通しをたて、現状の相場から将来的に利益を得られそうだと考えた場合に株を購入します。

ファンダメンタリストは基本的に自身の見通しと現状の相場とのギャップから利益を得ようとするため、基本的に「マーケットの価格形成は常に間違っている」というスタンスをとるのが特徴です。

この分析手法の強みは企業の財務分析などをしっかり行うことによって、企業の本質的価値に基づいた売買戦略が構築できる点にあります。さらに、こういった企業分析は1年以上の中長期的な視点に立って行われることが多いため、短期的な値動きを気にする必要がないというのもポイントの1つでしょう。

しかし、財務指標や割高、割安といった分析は購入すべき株価水準は示してくれますが、具体的にいつ買っていつ売るかという具体的な売買ポイントを見抜くことは、ファンダメンタルズ分析のみでは難しいでしょう。

その上、株価は長期的に見れば企業のファンダメンタルズ的価値に収束する傾向がありますが、それまでに多くの時間を要することも多いため、長期間資金が拘束されてしまうリスクもあります。

【メリット】
・財務分析なども扱うため、企業の本質的価値に基づいたロジックを組み立てられる
・長期的な視点をもって行うことが多いため、短期的な値動きを気にしなくてすむ
・株価が下落している時に買えれば大きく儲けられる

 

【デメリット】
・企業価値に株価が収束するまで、含み損を抱えてしまうことがある
・具体的な売買ポイントがわからない
・短期的な値動きを捉えることができない
・狙える銘柄が限られている




テクニカル分析の特徴

財務分析や経済分析に対して、株価の推移や移動平均線等のテクニカル指標を駆使して利益を出そうとすることをテクニカル分析といいます。

テクニカル分析において使用されるのは価格チャートとテクニカル指標のみであり、事業内容や政策などの不確実な要素を排除した分析を行うことが可能となります。

テクニカルトレーダーはマーケットの値動きに逆らわず、値動きの中から自身が有利な売買ポイントを見つけ出そうと考えるため「マーケットの価格形成は正しい」というスタンスをとるのが特徴です。

テクニカル分析の利点は上場しているすべての銘柄を「価格チャート」という共通の観点から評価できることでしょう。そのため、どの銘柄に対しても具体的な売買ポイントを定義でき、損切りも素早く行うことができます。

また、テクニカルトレーダーはマーケットにおける価格形成が正しいと考えているため、上昇している株価の動きに逆らわず売買できるのも強みです。

しかし、株価の動きに素直に従うのがテクニカルトレーダーのルールであるため、短期的な値動きのダマシに会うことが頻繁にあります。

どんなに良い銘柄だと思っていても、事前に定めた損切りポイントに到達すれば一旦損切りを実行しなければなりません。そして、損切りの注文が執行された後に、マーケットが元の方向へ戻ることも少なくないのですが、損切りをしてしまっているため次の仕掛けが間に合わないという自体が起こるのです。

【メリット】
・銘柄の特性は関係なく「価格チャート」のみで判断できる
・株価の動きに従うため、損切りを行って含み損を解消できる
・狙える銘柄が多い
・売買ポイントがわかる

 

【デメリット】
・ファンダメンタルズの悪化に気づきづらい
・短期的な株価のダマシにあう
・好業績企業と赤字企業を同じ基準で売買してしまう

まとめ

以上がファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いになります。

両者ともマーケットから利益を出そうという姿勢は共通しているのですが、マーケットにおける価格形成を正しいと捉えるか、間違っていると捉えるかによって、大きな差が生まれていますね。

今回は長くなるので触れませんでしたが、考え方によっては両者の強みを生かした売買戦略が構築できそうな気もします。(両者の分析結果が食い違う場合に、どういった対処をするかというのが課題になりそうですが

今回解説した内容はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の根本を語る上で欠かせないものになります。この内容を踏まえた上で、各指標やロジックを勉強していけば必ずあなただけの投資手法が確立できるはずです。

それでは、また!




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。