ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で迷ったときの解決方法

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で迷ったときの解決方法

スポンサーリンク



前回の記事ではファンダメンタルズ分析テクニカル分析の特徴をそれぞれ解説しました。

しかし、実際に運用を開始すると、ファンダメンタルズ分析では買い候補となる銘柄なのに、テクニカル分析的には売りのシグナルが点灯しているという分析結果の不一致が頻繁に発生してしまいます。

そこで、今回の記事では、業績とチャートという異なるファクターを相手にする分析手法をうまく組み合わせて、実際の運用にいかしていくための考え方を解説します。

そして、後半では2種類の分析方法を複合した売買戦略を構築する際に重要となる

・ファンダメンタルズ分析における買い、売りの判定とテクニカル分析における買い、売りの判定が一致するパターン

・ファンダメンタルズ分析における買い、売りの判定とテクニカル分析における買い、売りの判断が一致しないパターン

における売買判断についても解説していきます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の売買判定が一致する場合

まず考えられる使い方としては、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の分析結果が一致した場合のみ仕掛けるという使い方ですね。

業績のしっかりしている銘柄に価格チャートの裏付けもついているのですから、投資対象としては理想的であると言えるでしょう。それではこのような銘柄を見つけるための銘柄調査手法を解説していきたいと思います。

「ファンダメンタルズ→テクニカル」アプローチ

会社四季報や投資関連雑誌などを使用した企業探しがこれにあてはまります。

四季報の企業ページや雑誌に載っている話題のテーマなどを頼りに、今後の成長が期待できそうな企業の財務状況をチェックします。そして、企業業績が投資するにふさわしいものであると判断できた後に価格チャートをチェックし、株価のトレンドが上昇トレンドに転換したことが確認でき次第、買いを仕掛けます。

この手法のメリットとしては最初にファンダメンタルズ分析を行って銘柄を選んでいるため、赤字会社や利益率の低い会社を投資対象から除外した上で、テクニカル分析を適用できることでしょう。

しかし一方で、企業がファンダメンタルズ的価値に収束するには時間がかかるため、採用するテクニカル分析を中長期的な株価トレンドを考慮するように調節しなければならないという注意点もあります。

以上のことからこのアプローチはファンダメンタルズの考え方の基本である「業績的に買う株は何か」という観点を重視するアプローチだと言えるでしょう。

スポンサーリンク



ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の売買判定が一致しない場合

さて、ここからが重要です。

上記のようにファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の分析結果が一致している場合については売買戦略が立てやすいのではないかと思います。

しかし、もしもファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の結果が異なる売買の方向性を示す場合、いったいどのような解釈をしたら良いのでしょうか?

具体的には以下のようなケースが考えられると思います。

①企業のファンダメンタルズは良好で買いの基準を満たしているが、株価が下落しており、テクニカル分析では買いを入れるべきでないと判定されるケース

②企業のファンダメンタルズが良好ではなく、買いの基準を満たしてはいないが、株価は勢いよく上昇しており、テクニカル分析においては買い判定であるケース

それではそれぞれについて見ていきましょう。

 

①企業のファンダメンタルズは良好で買いの基準を満たしているが、株価が下落しており、テクニカル分析では買いを入れるべきでないと判定されるケース

上のケースにおける①がこれに当てはまると考えられます。

この場合はテクニカル分析の結果を優先で考えましょう。

その理由は株価はファンダメンタルズに先行して動くケースが多いからです。

通常その株のファンダメンタルズが本当に良好であれば、長期間下降トレンドを形成したり、余裕をもって設定したはずの損切り水準に達してしまう可能性はかなり低いです。

しかし、それでも株価が下降している、または損切り水準に到達してしまったということは、「あなたのファンダメンタルズ分析が間違っていた」か「その企業のファンダメンタルズに重大な変化が生じて、インサイダーが売り抜けている」かのどちらかである可能性が高くなります。

いずれにしてもこれは個人投資家のファンダメンタルズ分析で解決できる問題の範囲を超えていますので、素直に一旦身を引いておくのが得策です。

まれなケースですが、自身のファンダメンタルズ分析が正しく、後になってその下降トレンド期間が絶好の買い場であったように見えることがあります。

しかし、それは後になってからわかることであって、そういった現象を信じて株価が下降している時点で買いを入れることは、大勝ちか大負けの2択に自分の資金を賭けていることになってしまいます。

複利効果の期待できる投資において、大勝ちは必要ありませんし、一度でも大負けをしてしまうとその取引のみで相場から退場してしまう危険性もあります。

そのため、個人的にはファンダメンタルズ良好な株が、株価チャートで自身に不利な状況を伝えているときには様子見に徹するのが良いでしょう。

②企業のファンダメンタルズが良好ではなく買いの基準を満たしてはいないが、株価は勢いよく上昇しておりテクニカル分析においては買い判定であるケース

では、次に検討するのが企業のファンダメンタルズは良好とは言えないが、株価が勢いよく上昇している銘柄になります。(②)

ファンダメンタルズとテクニカルが一致していないという点に関しては先ほどのケースと同じになりますが、今回に関しては買いを仕掛けることも可能です。

しかし、ここで思い出していただきたいのが「株価は長期的にはファンダメンタルズ価値に収束する傾向がある」ということと「短期的には大きく売られすぎたり、買われすぎたりすることがある」ということです。

そのため、企業のファンダメンタルズに逆らう取引は、保有期間が長くなるほど不利になっていくと考えて良いでしょう。

今回のケースの取引においては、ファンダメンタルズは良好でない株を価格チャートを頼りに売買することになりますので「短期的な取引に徹すること」と「株価チャートに従って利益確定、損切りを行うこと」という2点が厳守できる人のみが対象となります。

そして、長くとも2週間程度保有して利益が出ないようであれば、その取引は危険である可能性が高いでしょう。

まとめ

以上が株式投資におけるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の複合利用法になります。

ファンダメンタルズ分析もテクニカル分析も、株式投資においては大きな武器になりますが、それぞれが対象としている分析期間や、結果がかみ合わなかった時の対処法を知らないでいると、大きな損失につながってしまいます。

そのため、実際の運用にあたってはどちらかを過剰に信頼することなく、バランス良く用いることが成功への鍵となるでしょう。

それでは、また!

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。